「奈良県の花粉症の状況と対策」 花粉症で松本眼科に来院された患者数と花粉飛散量

松本眼科への来院患者数と花粉検出器のデータから、当院付近の花粉情報をお知らせいたします

スギヒノキの樹木系の花粉はほぼ終息状態です。カモガヤ花粉症はゴールデンウィークに向けて増加中です。引き続いて注意が必要と思われます。

fig
 

コンタクトレンズのアレルギー性結膜炎の症状と原因。すぐにくもる、かゆい、レンズが上に上がる。原因はレンズの汚れと硬さ、シリコーンハイドロゲルレンズの硬さもその原因に

コンタクトレンズがすぐに汚れる

目がかゆい

目ヤニ

コンタクトレンズが上に上がる。


こんな症状で来院される方がいらっしゃいます。

BlogPaintgpc3















ここの写真のようにレンズが上に上がってしまい、

上瞼の裏側が腫れてきます。




このようになってしまう原因は

コンタクトレンズの汚れによるアレルギー反応と、

コンタクトレンズの硬さ

であると言われています。



今使われているソフトコンタクトレンズの素材には

古いタイプのハイドロゲル新しいシリコーンハイドロゲルがあります。



シリコーンハイドロゲルの素材のレンズは酸素の透過性が良好で、

長時間つけていてもトラブルが起こりにくく、

充血も起こりにくい、

乾燥にも強いため

わが国でも普及してきてます。

シリコーンハイドロゲルの特徴

シリコーンハイドロゲルの充血のおこりにくさ

シリコーンハイドロゲルのわが国での普及程度



しかし、シリコーンハイドロゲルの特徴はタンパク質がつきにくく

本来はアレルギーは起こりにくいはずですが、

素材が硬いという特徴を持ち、

シリコーンハイドロゲルの普及とともに、

その硬いレンズの素材でアレルギーを起こすことがあります。





近畿大学医学部の宮本裕子先生らは、

コンタクトレンズの種類別でのこれらのアレルギーの特徴を調べました。




まず、古いタイプの素材でのワンデータイプの特徴は・・・

●両眼性

●広範囲のアレルギー反応

●体質的にアレルギーを持っている方が多い




一方、新しいタイプの素材であるシリコーンハイドロゲルの特徴は・・・


●片眼性

●局所的なアレルギー反応

●体質的にアレルギーを持っている方は少ない

(以上、宮本弘子他:コンタクトレンズ関連乳頭結膜炎の最近の傾向、日コレ誌54:178-182,2012 より)



この調査の結果から

古いタイプのハイドロゲルのコンタクトレンズは、

レンズについたタンパクによるアレルギーが原因と思われ、

体質的にアレルギーを持っている方に生じるので

両眼で広範囲に生じる傾向がある。


一方、

新しいタイプのシリコーンハイドロゲルのコンタクトレンズは、

硬い素材による器械的刺激が原因と思われ、

片眼で局所的に生じる傾向がありました。

 

コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。

このページのトップヘ